News & Topics

新型コロナウイルス感染拡大に伴う米山奨学生への対応について(3)

地区ガバナー各位
地区米山記念奨学委員長各位

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
理事長 齋藤直美
事務局長 岩邉俊久

 

新型コロナウイルス感染拡大に伴う米山奨学生への対応について(3)

 

平素より米山記念奨学事業へのご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染状況は3月下旬に入り、特に首都圏や関西都市部で顕著な広がりを見せており、感染者の爆発的な拡大が懸念されるなど、予断を許さない深刻な状況になってまいりました。3月16日発行の第2報でもお伝えしました通り、新規米山奨学生オリエンテーションについては、各地区の実情に応じて、開催可否、開催時期や実施形態をご検討いただけますようお願いいたします。地区によっては、世話クラブや分区単位での開催や、オンラインを利用した重要事項の説明などで対応されるところもございます。集合型オリエンテーションを開催予定の場合も、多人数とならないよう参加者を絞り、短時間での実施を計画されるなど、リスク回避に最大限努め、今一度、下記事項を一層徹底いただけますようお願い申し上げます。

 

 

  • 開催にあたっては、参加者のマスク着用、手指消毒実施などの安全対策を徹底すると共に、クラスター発生要因とされる“3つの密”(『換気の悪い密閉空間』『多くの人が密集』『近距離での密接した会話』)を回避するよう、十分ご配慮ください。
  • 懇親会などの会食プログラムは中止としてください。
  • 新規奨学生の直近の海外渡航歴を含むアンケート結果を3月24・25日に各地区にお送りしています(継続奨学生については、4月上旬送付予定)。直近に海外渡航歴のある奨学生のオリエンテーション並びに世話クラブへの例会参加については、日本に戻った日から十分な間隔が空いていることを確認するなど、出席者の安全を第一にご対応ください。
  • 各大学は授業開始を4月下旬、もしくは5月連休明けへと変更しています。奨学生の在籍大学との情報共有、連携も十分に行ってください。

以上

LINEで送る