News & Topics

新型コロナウイルス関連肺炎に関する注意喚起

ロータリー米山記念奨学生 各位

公益財団法人ロータリー米山記念奨学会
理 事 長 齋藤直美
事務局長 岩邉俊久

 

昨年末より、中国の武漢市を中心に新型コロナウイルス関連肺炎の感染が拡大しています。日本国外務省は、1月29日現在、中国・湖北省に対して感染症危険情報レベル3(渡航中止勧告)、中国のその他の地域に対して感染症危険情報レベル1(注意喚起)を発出しています。関連のホームページの活用などにより、正確な情報を確認し、新型コロナウイルスによる感染症が流行している地域への渡航、および感染症対策には充分に気をつけて下さい。

本年度米山奨学生の皆さんは、下記の点に留意して下さい。

  • 咳やくしゃみ、発熱等の症状がある場合は、事前に医療機関に渡航歴を連絡した上ですみやかに医療機関を受診してください。武漢などの新型コロナウイルスによる感染症地域への渡航歴がある場合は、お住まいの地域の保健所に連絡し、医療機関を受診するようにしてください。その際、武漢市などの海外渡航先について申告するようにしてください。
    ※日本全国の保健所は下記から探すことができます(厚生労働省HP)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/hokenjo/

  • 新型コロナウイルスによる感染症に罹患した疑いがある場合は、世話クラブ(カウンセラー)と相談のうえ、一定期間、例会出席を見合わせてください。
  • 所属校の新型コロナウイルス関連肺炎についての注意事項や最新情報を確認してください。
  • 風邪やインフルエンザが流行している時期でもあるので、外出の際には人ごみを避ける、うがい、石鹸での手洗い、マスクの着用などで感染を予防してください。
  • 従来どおり、海外渡航前には必ず「出国届」を提出してください。
 

LINEで送る