応募資格

募集案内 ―応募資格―

当奨学金の対象は、当会が指定する大学・学校に在籍する外国人留学生です。個人による応募はできません。

  • 応募資格
  • 申込方法
  • 選考の流れ

2018学年度応募資格

この応募資格は「学部・修士・博士課程奨学金」が対象です。詳細は必ず募集要項を確認してください。その他の奨学金については、それぞれの募集要項をご覧ください。

1. 国籍とビザ

  1. 日本国籍をもつ者は、応募資格がない。
  2. 応募資格を有する者は、日本以外の国籍(「日本国籍を含まない二重国籍」および「無国籍」を含む。以下外国籍という。)を有し、勉学または研究のための在留資格 「留学:College Student 」で日本に在留している者、または日本の大学に在学中で「難民:Refugee」の認定を法務大臣から受けて日本に在留している者とする。

2. 指定校推薦制度

当会が定める指定校の学内選考によって推薦を受けた者のみに応募資格がある。

指定校推薦制度とは?
この制度は、各ロータリー地区の選考委員会が指定する大学・学校(以下、指定校)から候補者を推薦してもらい、その被推薦者を各地区選考委員会で選考するシステムです。 したがって、応募学生は、在籍(進学)する学校での選考と、ロータリーの地区選考委員会による選考の2段階の選考を受けることになります。 指定校および各指定校に割り当てる被推薦者数は、各ロータリー地区の選考委員会が決定します。 指定校と被推薦者数は、毎年変わります。 ※ 指定校は例年8月上旬に当会ホームページに掲載されます。

3. 在籍課程・学年

詳細は、募集要項を参照してください。

学部課程
採用年の4月に学部課程3・4年(医・歯・獣医学部は5・6年)、 高専専攻科1・2 年、専修学校高度専門士課程3・4 年に在籍する者には、応募資格がある。 
subtit_req03
採用年の4月に修士課程1・2年に在籍する者には、応募資格がある。
大学院博士課程
採用年の4月に博士課程2・3年(医・歯・獣医学系博士課程は3・4年)に在籍する者には、応募資格がある。

4. 能力、健康

学業優秀の他、異文化理解、コミュニケーション能力に対する姿勢や関心を持ち、心身ともに留学生活に耐えうる健全な者。

5. 博士の学位

博士の学位を取得している者には応募資格がない。ただし、既に取得している博士の学位(名称)と異なる研究をする場合には、応募資格がある。

6. 年齢

45歳未満。

7.他の機関からの奨学金との二重受給の禁止

  1. 当会からの奨学金は、他の機関からの奨学金(以下「他奨学金」と表記)およびこれと同種の個人に与えられる補助金などと同時に受けることはできない。ただし、地方自治体による学習奨励金(在住の留学生全員が受給の対象となるもの)、学術上の貢献に対する一時的な褒賞金、および授業料免除(減額)は他奨学金とみなさない。
  2. 研究助成、授業料免除・減額に相当する奨学金以外の大学の奨学金は、受給額によって判断する。大学院・学部年額:57万6千円未満(留学生受入れ促進プログラム文部科学省外国人留学生学習奨励費相当額に満たない受給額)は併給を認める。それ以上は認めない。
  3. 貸与型奨学金等、併給を認める。
  4. 申込中に他奨学金を受けていても当会奨学金に申し込むことが出来る。ただし、当会奨学金と他奨学金に同時に合格した場合には、どちらの奨学金を受給するかを選択する。
  5. 当会奨学金と同時に他奨学金を受給した場合には当会の奨学生としての資格が取り消され、他奨学金との重複期間の奨学金を全額返済しなければならない。

8.本奨学金の非重複性

過去に米山奨学金を支給された者には、応募資格はない。

  • 応募資格
  • 申込方法
  • 選考の流れ